3万円借りるなら即日キャッシングを狙おう!

3万円借りる!支払い間近の人必見【初心者の即日キャッシング入門】

まずは即日キャッシングの可能性があるかの見極めが大事!

支払いが迫っており、即日キャッシングを希望している場合、まずは自分が即日キャッシングできる見込みがあるのか、自分自身で見極めることが大事です。

 

まず、新規の即日キャッシング申し込みの時点で、『滞納している人』は、審査で否決される可能性が高いので、考え直しましょう。

 

また、CICなどの信用情報に『異動』という、長期滞納を示す金融事故情報が記載されている人も、まず新規の借り入れは難しいです。

 

 

CICの情報は、一般人でも料金を支払い開示することが出来ますので、破産や滞納が思い当たる節がある人は、一度チェックしてみましょう。
信用情報に問題がある場合、何社に申し込みをしても、悪い結果しか返ってきません。

 

ただし、即日キャッシングをしたくて、闇金のような場所にお金を借りてしまうと、後で大変な目に遭いますので、まずは支払先に連絡を取って支払い日の相談をすることをおススメします。

 

また、即日キャッシングの審査では、やはり『多重債務者』も嫌われる傾向があります。

 

既に他社での借り入れ件数が3、4件に達している場合は、仮審査ではOKだとしても、本審査で否決されるケースが多いので、否決になった場合のことも考えておきましょう。

 

即日キャッシングの見込みがない人は支払先へ相談を!

他社での借り入れ件数が多く、新規の即日キャッシング審査が厳しい人は、ダメ元で現在利用している【キャッシング枠の増額】をお願いするのも一つの方法です。

 

滞納をよくしている人だと、さすがに利用枠の総額は難しいですが、これまで真面目に滞納せずに支払いをしてきた人だと、利用枠の増額を申し込むと、限度額を上げてくれる可能性があります。

 

ただし、利用限度枠の増額は、審査が通って、ある程度の時間が経過してからでないと難しいのが難点です。

 

そして、即日キャッシングの見込みがないとか否決をされた場合、最終的な手段としては、やはり支払い先へ相談をすることになります。

 

【いつだったら支払いができるのか?】【支払いが出来るという根拠は?】という質問をされることが多いですが、具体的にこの二つに答えられるようだと、支払い日を伸ばしてくれる可能性があります。

 

ただし、支払先がクレジットカードや消費者金融業者の場合、これまで何度も同じように遅延をしている人は、支払い日を伸ばす代わりに【強制解約】を約束させられるケースもありますので要注意です。

 

例えば、A社は翌月の支払い日に2カ月分まとめて一緒に支払いOKでも、B社は翌月の支払い日の前に払えないのであれば【強制解約】になったり、それぞれの会社で対応が全く違います。

即日キャッシングの見込みがある人は必要書類の準備を!

即日キャッシングの見込みがある人は、出来るだけ手続きをスムーズにするために、必要書類を準備しておきましょう。

 

特に借入金額が50万円以上と高額の場合、【身分証明書】の提出に加えて【年収証明書】が必要になってきます。

 

 

年始年末のように、会社が長期のお休み期間に入ってしまうと、サラリーマンの場合は年収証明書を発行してもらうことが難しくなってしまうので、早めに用意しておくようにしましょう。

 

自営の場合は、確定申告のコピーが年収証明書になりますので、確定申告の用紙は、ちゃんと無くさないようにしましょう。

 

50万円以下であれば、年収証明書の提出は原則不要ですので、身分証明書を準備するだけで大丈夫です。

 

また、最近はスマホのアプリからも審査できるようになっている業者もありますが、その場合は身分証明書に【運転免許証】を指定しているケースが目立ちます。

 

運転免許証だったら、どこの業者でも利用でき、オンラインからの申し込みも非常にスムーズなため、一番おススメです。

 

少しでもスムーズに早く審査を進めたい人は、運転免許証があると便利です。

 

健康保険証などでも大丈夫ですが、業者によっては、スマホのアプリなどからは提出できないケースも多いので要注意です。

総量規制で消費者金融系のキャッシングが厳しい場合は銀行系のカードローンも検討!

消費者金融業者からのキャッシングが、総量規制の枠の問題でこれ以上の借り入れが出来ない場合でも、年収がある程度高くて、総量規制以上の額を借りたいと思っている人は、銀行系のカードローンも検討してみる価値があると思います。

 

総量規制の対象外となる銀行のカードローンであれば、総量規制の限度額にしばられることがありません。

 

銀行の審査は、消費者金融業者に比べて、かなり厳しいため最低でも年収300万円以上とハードルも高いですが、逆に言えば、これまで信用情報にキズがなく、年収が高い人であれば、審査に通る可能性も高くなってきますので、消費者金融業者のキャッシングではなく、銀行系のカードローンの方に申し込みをしてみるのも良いと思います。

 

年収300万円に満たない人は、銀行へ申し込みをすると否決される可能性が高いため、やはり新規の申し込みをするなら、キャッシングへ申し込みに賭けたほうが可能性が高いと思います。

 

年収が低い人は、銀行系のカードローンへの申し込みは返り討ちに遭う可能性が高いので、【審査の通りやすさ】を重視する人だったら、消費者金融業者に絞りましょう。

 

申し込み記録は、信用情報に残ってしまい、何社も落ちるとそれだけ次の審査へも影響しますので、出来るだけ1社目で受かることが大事です。

 

 

20万円借りる


ホーム RSS購読 サイトマップ