即日キャッシング審査はこうして乗り切れ!

即日キャッシング関連

そもそも『キャッシング』と『カードローン』って何が違うの?

キャッシングは別名『短期融資』とも言われ、基本的に返済方法が『一括払い』

 

一方、カードローンは『長期融資』で、『分割払い』が基本になっています。

 

しかし、現在多くの消費者金融業者では、カードローンと同じく『残高スライド方式リボルビング払い』を採用しているケースが多く、実際には翌月一括払いを求められるケースは少なくなっています。

 

ただし、金利の違いから、審査の難易度については、カードローンの方が難しい傾向にあります。

 

大口融資を取り扱うカードローンは、安定志向の銀行が審査が行っているので、『年収が低い人』や『非正規社員』には厳しい傾向があります。

 

キャッシングの方が、金利は高いですが、『年収が低い人』や『アルバイトや自営』にも審査が通りやすいというメリットがあります。
また、キャッシングとカードローンの最大の違いは、やはり影響を受ける『法律』が違うということ。

 

キャッシングを主に扱う消費者金融業者は『貸金業法』、カードローンを扱う銀行は『銀行法』の影響を受けます。

 

現在は消費者金融業者を対象にした総量規制の影響があるため、消費者金融業者のキャッシングでは年収の3分の1を超えた借り入れた禁止になっています。

 

銀行系のカードローンはその点、総量規制の影響を受けないので、キャッシングよりも、柔軟な利用限度額を設定してもらうことが可能です。

 

借りたい金額が低い場合は、審査が易しいキャッシングの方が手っ取り早くて都合よく、借りたい金額が高い場合、カードローンの方が金利も安く、使い勝手が良い可能性があります。

 

今更聞けない『総量規制』の基本とは?

現在、キャッシングの借り入れに大きな影響を及ぼすと言われている『総量規制』は、消費者金融業者(ノンバンク)を対象とした法律です。

 

『借り過ぎ防止』のために、借り入れ限度額を年収の三分の一までに定めています。

 

そのため、消費者金融業者のキャッシングは、現在年収の3分の1を超えての借り入れが法律で禁止されているというのが特徴です。

 

一方、総量規制の影響を受けない銀行系のカードローンでは、年収の3分の一を超えた借り入れも可能になっているのが、大きな違いです。

 

ただし、キャッシングでもカードローンでも、3万円借りるくらいであれば、無職の人は除いて、総量規制もそれほど大きく影響はしませんので大丈夫です。

 

総量規制は、年収の低い人や、無職の人の借り入れを難しくしています。

 

無職でもお金を貸せる環境であったこれまでがおかしいと言えばそれまでですが、総量規制によって『無職の専業主婦』は消費者金融業者のキャッシングが不可能になりました。

 

専業主婦でも、仕事をしている人は引き続きキャッシングを利用できますが、仕事がない人は新規の借り入れが難しくなってしまいました。

 

現在、消費者金融業者の謳い文句で『専業主婦OK』と書かれていても、審査条件をよく読むと『継続した収入がある方(アルバイトOK)』と、釘を刺しているのがわかります。

 

主婦であっても、仕事があるかないかによって、消費者金融業者の審査は大きく違ってきます。
消費者金融業者のキャッシングを利用したいのであれば、アルバイトでも何でも良いので、まずは働くことが大事です。

 

即日キャッシング関連記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ