即日キャッシングの可能性が低い人を紹介!

どうあがいても無理!即日キャッシングを諦めるべき人とは?

総量規制にひっかかる人

総量規制では、年収の3分の1以上の借り入れが禁止されているため、他社で既にキャッシングをしている人は、利用枠が空いていないため、否決される可能性があります。

 

また、利用枠がない人の他に、無職で収入がない人にも、即日キャッシングの審査は非常に厳しいです。

 

 

総量規制が出来てからは、消費者金融業者のキャッシングは、本人に収入がないと、貸し出しをしなくなったので、これまで気軽にキャッシングを利用していた無職の専業主婦は、一切借りることが出来なくなりました。

 

専業主婦であっても、パート収入がある人などは、収入があるので申し込み可能です。
「自分に収入がなくても旦那さんのお給料で審査してもらえるでしょ」と思っている人は要注意です。

 

今でも総量規制の対象外の銀行であれば、まだ可能性がありますが、大手の消費者金融業者のキャッシングでは、例え旦那さんがどんなに高収入であっても、無職の専業主婦からの申し込みは否決にする可能性が非常に高いです。

 

消費者金融業者のキャッシング審査では、あくまで本人の経済力が審査されますので、配偶者の年収については聞かれることがあっても、本人が無収入であれば厳しい結果になってしまいます。

 

そのかわり、消費者金融業者のキャッシングでは、収入さえあれば、年収は低くても審査に通りやすいというメリットがあります。
まずは仕事をして収入があるというのが大前提になりますので、無職の人は仕事を見つけてから新規の申し込みをしないと厳しいです。

CICなどに金融事故の情報が残っている人

即日キャッシングの審査で、まず新規で申し込みをしても厳しいのは、やはり【信用情報が悪い人】です。

 

CICなどの信用情報機関には、これまでの支払い履歴が残っており、個人の支払い能力を示す証拠となっています。

 

CICに遅延や滞納などの悪い情報が沢山残っている人は、それだけ即日キャッシングやカードローンなどの審査の時に、大きく影響します。

 

やはり消費者金融業者も、貸し損を敬遠していますので、出来るだけ支払い能力が高く、遅延や滞納をしない人と契約をしたいわけです。

 

そのため、常に支払いが遅れているような人は避けたいという心理があります。

 

どこの消費者金融業者も銀行も、融資の審査の時には、こうした信用情報機関で、支払い能力を確認しますので直近で遅延や滞納をしている場合は、当然否決になってしまいます。

 

また、支払い状況は2年分まで記載されていますので、過去に長期滞納で『異動』になり、金融事故を起こしている人なども、審査が厳しくなってしまいます。

 

長期滞納で『異動』扱いになった状態がいわゆる『ブラックリストの仲間入り』となりますので、クレジットカードやキャッシングなど、ほとんどの金融商品との契約で否決される可能性が高くなります。

 

一度この状況になってしまうと、5年は記録に残りますので、新規の契約は絶望的です。

 

そのため、長期の滞納や遅延が多く、信用情報があまり良くない人は、即日キャッシングの審査の結果待ちをしても、あまり良くない返事が来る可能性が高いです。

 

関連ページ

即日キャッシングは銀行口座指定の消費者金融業者が早い!
銀行口座指定の消費者金融業者はなぜ審査が早い?
即日キャッシングの申し込みは郵送ではNG!
郵送が即日キャッシングに向かない理由とは?
即日キャッシングをWEBから申し込む時の注意点
即日キャッシングをWEBから申し込むのはダメ?
即日キャッシングの身分証明書はどれが良い?
即日キャッシング審査で使う身分証明書って何でも良いの?
即日キャッシングでは年収証明書も用意すべきか?
即日キャッシングで年収証明書は提出しなかったらどうなる!?
即日キャッシングって希望通りの額が通るの?
即日キャッシングで希望額が可決されない時は!?
クレジットカードの即日キャッシングは今は鬼門!?
クレジットカードのキャッシング機能に変化が出ている!

ホーム RSS購読 サイトマップ